障害年金申請専門の社会保険労務士(神奈川・東京・山梨・他全国対応)

障害年金専門の社会保険労務士事務所

いいづか障害年金オフィス

〒252-0142 神奈川県相模原市緑区元橋本町3-31 プチメゾンミカド301

平日 9:30~16:30
 

無料相談実施中

何度でも無料です

つながらない場合は
メール相談をご利用ください

042-703-1839

障害年金専門の社会保険労務士です

うつ病・双極性感情障害躁うつ病)・統合失調症などの精神疾患、知的障害、発達障害、悪性新生物(がん)、脳出血・脳梗塞くも膜下出血などからの肢体不自由や高次脳機能障害、糖尿病、人工透析、人工関節、人工骨頭、人工肛門(ストーマ)、人工弁、ICDやペースメーカー、難病など、障害年金はあらゆる傷病が対象です。

障害年金でご不明な点がございましたら、当ホームページの無料相談をご利用ください。「どうしていいかわからない」という方は、ひとまずお話をお聞かせください。⇒無料相談コーナーはこちら

 

 


いいづか障害年金オフィス


〠252-0142 神奈川県相模原市緑区元橋本町3-31
プチメゾンミカド301
TEL:042-703-1839
FAX:042-703-1839


 

障害年金の申請をお考えのかたへ

代表の飯塚です
(写真をクリックすると、代表者経歴のページが見られます)

  ホームページへお越しいただきありがとうございます。

  神奈川県相模原市で障害年金の申請を専門にしております、社会保険労務士(社労士)の 飯塚 和弘(いいづか かずひろ)と申します。

  私は、平成20年から5年半、常勤で旧厚木社会保険事務所(現厚木年金事務所)、街角の年金相談センター溝ノ口、街角の年金相談センター相模大野にて勤務してきました。

  これまで、対面と電話を合わせれば1万3,000件を超える、ありとあらゆる年金の相談を受けてきました。(ざっとですが、1日10件×年間250日×5.5年=1万3,000件超)
  その中で障害年金の相談が何件だったかは統計を取っていないので分かりませんが、年金の現場経験が無い社労士に比べればはるかに多い件数です。

 中でも障害年金の相談をされる方は、

「お金が無い・・」

という厳しい状況にある方がほとんどでした。思うように働けないと、お金の悩みはいつまでもついて離れません。そこで、障害年金という「お金の不安を安心に変えて、治療に専念していただく」制度があります。今は、インターネットや書籍などで障害年金の制度自体は知ることができるようになりました。しかし、実際に申請しようとした時、かなり複雑な手続きであることがわかると、こんなお悩みが出てくる方もいらっしゃると思います。

「自分で申請した方がいいのか?それとも社労士という専門家に頼んだ方がいいのか?」

「社労士といっても、誰に頼めばいいのか

  障害年金関係のサイトでは、「自分でやると失敗する!」、「書類の書き方が悪いと不支給になる!」、「成功率○○%!」などと、見る側を不安にさせるような文章をよく目にします。年金の現場にいた私としては、「わざとあおっているような・・」と思ってしまいます。

  私は事実を曲げることなく分かりやすくお伝えし、不安な毎日を送っている方に少しでも安心していただきたく、このホームページを作成しております。決して「不安にさせてこちらに依頼させよう」などというつもりは無く、私の年金の実務経験と年金事務所や年金相談センターにいる友人からの情報を基に、なるべく忠実に現状をお伝えしようと思っております。

  世の中の何事もそうですが、それを仕事にしている人に任せれば、それなりの費用はかかります。ただ、お金はかかっても自分でするより良いものが出来たり、完了までの時間と手間が省けるなどの利点があります。障害年金の手続きも同じだと思います。ご自身で問題無くできる方は社労士に頼む必要はありませんが、そうでない方は「安心が得られるなら」とお考えになられても良いのではないでしょうか。ただ、ネットのうたい文句に飛び付かず、よくご検討いただき、ご納得のいく結論を出されることをお勧めします。

  障害年金の請求をご自身でされるか、それとも社労士に頼むかの選択は、メリット(利点)とデメリット(欠点)が分かった方が判断しやすいと思います。その判断材料として当ホームページをご覧いただき、皆様のご決断の一助となれば幸いです。

  私のような社労士に任せると、どのようなメリットやデメリットがあるのかを、旧社会保険事務所や年金相談センターで経験したこと、年金事務所や役所の現状などとあわせてお話しさせていただきます。なるべく分かりやすく噛み砕いた説明を心掛けておりますが、ご不明な点がございましたら当ホームページの無料相談までお問い合わせください。

どうしていいかわからない!というかたは、とりあえずご相談ください。


   社労士に依頼するかどうかを迷っている方へ

  障害年金の申請は何度もすることではないので、慎重になるのは当然だと思います。障害年金を受けられるかどうかは、収入が無い方や、あっても少ない金額で暮らしている方にとっては、とても大きな問題ですから。

  ご自身で申請するか社労士に任せるか、この結論を出すまでには、お金のことや申請後の結果など、いろいろ考えてしまうと思います。お一人で悩みを抱えている方、不安で何も手に付かないような方は、社労士に任せてしまった方が精神的な負担は軽くなると思います。不安な日々から早く解放されるよう、スムーズに手続きを進めるのが我々社労士の役割であり義務でもあります。

 「ネットで調べてもよく分からない」、「相談する人がいなくて困っている」、「年金事務所や役所で相談したがよく理解できなかった」、「何から始めればいいのか分からない」など、「とにかくこの苦しい現状を何とかしたい。何とかしてほしい!」という方は、まずは無料相談をご利用ください。今はどこの社労士のホームページでも無料相談は受け付けておりますので、ご質問の回答から「親切か?信頼できそうか?」は、お分かりになると思います。

   ただ、「問い合わせる」という最初の一歩を踏み出すのは勇気がいることだと思います。「無料と言っても、何かしら理由を付けてお金を請求されるのでは?」、「一度相談したら、後でしつこく勧誘の電話やメールが来るかも」とご心配になる方もいらっしゃると思います。当オフィスは、無料といいつつ「〇〇の場合は別途手数料が発生いたします」などの注を付けたり、勧誘の電話やメールは一切いたしません。私は「分かりやすく、不安を安心に変えていただくこと」を最優先に考えております。

  何事も「最初の一歩」から始まります。私はこの障害年金をきっかけに、病気やケガの治療を前向きに考え良くなる傷病であれば症状を良くしていただき、いつか『障害年金受給権』というバトンを次に困っている方へ渡していただきたい、そう願っております。

  私の知識と経験をぜひ利用していただき、障害年金でお金の不安を安心に変えましょう。

  すでに年金事務所や他の社労士事務所などで相談されていて、今後どうしようと迷っている方も、ぜひ当ホームページの無料相談をご利用ください。

  当オフィスでは、相談料は一切いただきません私は実際の年金相談窓口で働いていましたので、「相談料無料は当たり前」という思いは今でも変わりません。

  料金について不安のある方はこちら、サービスのご質問はこちらに書いております。ぜひ、ご覧ください。

障害年金に関するご相談はこちらへ

何度でも無料です

(つながらない場合は、お手数ですがメール相談をご利用ください)

042-703-1839

受付時間:平日 9:30~16:30
土日祝日や時間外は事前のご連絡で対応できます。ぜひご利用ください。

ごあいさつ

代表     飯塚  和弘

5年半、年金の現場(厚木市・川崎市・相模原市)で勤務してきました。その経験を皆様のお役に立てられるよう、わかりやすい説明と低い料金で障害年金の請求をサポートさせていただきます。

相模原市・横浜市・川崎市・横須賀市・厚木市・海老名市・大和市・座間市・平塚市・藤沢市・小田原市などの神奈川県内のほか、八王子市・町田市・日野市・立川市・武蔵野市・国分寺市・国立市・多摩市・23区などの東京都、甲府市・上野原市・大月市などの山梨県を主な対応地域にしておりました。しかし、情報通信網が発達している現在では、北海道や九州の方の請求を代行しても問題ございませんでした。その為、全国に対応できますので、まずは無料相談をご利用ください。

042-703-1839

042-703-1839

メール・FAXのお問合わせは24時間受け付けております。